専門学校にはいろいろな種類があり製菓も人気です

ステーショナリー
コーヒー

美味しいコーヒー

バリスタになるとコーヒーが美味しくいれられるようになり、自分で楽しむだけではなく人を喜ばせることもできるようになります。専門学校に通うことで、実践的な技術やマナーが身につきます。

年数による違い

スイーツ

パティシエになりたいという人は沢山いますが、その需要を受けてパティシエになるための専門学校も数多く存在します。また、その学校のなかでもいろいろな学科に分かれていて、一年制や二年制のものがあります。例えば、二年制の学科の中には製菓の技術を学ぶために外国へ留学するプランがあるものがあります。資格も多く取得できるため、専門学校卒業後の就職先も広がります。二年間かけて製菓について学ぶため、しっかりと技術が身につき、最終的には創作製菓が作れるようになります。また、製菓以外にもパンやドリンクの技術も学ぶので総合的に将来役立てることが可能です。もし自分のお店をもつというのであれば、総合的なプロデュースが必要になるからです。素材の特徴をしっかりとまなび、素材の特性を活かした技術やデザインの仕方を学びます。また、本格的な技術を本場で学べるため、専門学校を卒業した後には海外で働くという人も多くいます。海外で働くには、製菓の技術だけではなく言語能力も必要になりますが、留学のできる専門学校のコースでは、在学中に言語を身につけることも可能です。他にも、技術のサポートとして、個人個人に合わせたプランを考えてくれるので、苦手なものもしっかり身につけることができます。その他、一年制のコースでは、より短期間で技術を習得できるので、すぐに製菓店で働きたいという人に最適です。実践技術を集中的に学ぶことで、即戦力として役立つことができます。また、パティシエになりたいという人の中にはアルバイトをしている人もいますが、そんな人でも通いやすい環境づくりがされています。

珈琲豆

初心者用のものもある

コーヒーにまつわる資格にはいくつかの種類があり、趣味で楽しむ人向けの簡単なものや、バリスタを目指す人向けの難しいものがあります。通信講座を受けることで取得可能なものは、初心者でも楽しめます。

ブレッド

家庭でも楽しめる

パンを本格的に作りたいという人も、家で気軽に楽しみたいという人も、教室に通うことで好きなパンが作れるようになります。大手チェーンの教室では取得できる資格も多く、将来仕事にしたい人が多く通っています。